よもやま

    WealthNavi的にはまぁ良いんだけどさ、、、海外のゲームや製品を買うときに痛い




    昨日、ドル/円相場は9カ月ぶりの高水準である146円台に上昇
    アジアの株価の下落などにより一時145.31円前後に緩んだが、米国市場では長期金利の上昇を背景に、2011年11月10日以来の高値である146.41円前後まで上昇した。
    また、米国10年債利回りも連邦公開市場委員会(FOMC)議事録に基づき、追加の利上げ可能性の言及で昨年10月以来10カ月ぶりの4.28%近くまで上昇。
    これにより日米金利差の拡大が意識され、ドル買い・円売りが活発化した。
    これまで円安抑制策は効果が限定的だったが、本日は本邦当局者による円安けん制の影響も予測される。
    また、米国の強い経済実績が金利上昇とドル高の理由として挙げられており、今後のドル/円相場の動向は円安けん制のアプローチと米国の長期金利動向によって影響を受ける可能性がある。


    清楚なアイドルってのがもう、わからん




    【プリズムハート、待望の1stAL『PRISM TALE』リリース】の続きを読む

    僕青かーーー流行るんかなぁ…





    【乃木坂46公式ライバル!?】の続きを読む

    なんやこれ、、めちゃくちゃ欲しいんだが…
    19万か…無理orz






    AISION」というメカニカルウォッチが、クラウドファンディングサイトmachi-yaで先行販売されています。
    この時計は手の届く価格ながら、トゥールビヨンという高価な機能を搭載しており、シンプルで使いやすいデザインが魅力です。
    筆者がサンプルを試してみたところ、トゥールビヨン部分のシースルーが特徴的で、ケースもスポーティな印象です。
    トゥールビヨンの動きは見ているだけで心地よく、バンドは316Lステンレスで精密に加工され、スッキリとした印象です。
    薄型で軽快な着け心地でありながら、光の反射も美しく、アウトドアでも存在感があります。
    バックルも使いやすく、ワンプッシュで開くことができます。


    欲しい!特に夏!



    サングラス「eShade」は、0.1秒で瞬間的にレンズの濃さを調整することができる革新的な製品です。
    屋内でも屋外でも常に使える調光機能が特徴で、ドライブなどでの使用がおすすめです。
    CoSTORYで共同購入ができ、25,300円のところ2人で購入すると23,650円と6%OFFになります。
    スポーティなデザインで、ゴルフやサイクリングにも適しています。
    装着感も良く、レンズは光の変化に素早く反応してくれます。
    トンネルに入るとレンズが自動的に暗くなり、視界が明るくなります。
    これからの季節にぴったりのサングラスです。
    興味がある方はCoSTORYの商品ページ で詳細を確認してみてください。



    引用元: ・賃金上げろって言うけど賃金上げたら物価も上がるから意味ねーよな

    1: 名無しさん必死だな 2023/06/07(水) 07:30:45.93 ID:NzO41NBJa
    やっぱデフレ最高だったんだ

    【【実質賃下げ】賃金上げろって言うけど賃金上げたら物価も上がるから意味ねーよな】の続きを読む

    この映画の存在自体知らんかった。
    マリオ観に行ったら映画館にポスター貼ってあって知った。。。
    つうかね。。。



    引用元: ・【悲報】ソニー映画『聖闘士星矢 The Beginning』着席率わずか5%の大爆死www

    1: 名無しさん必死だな 2023/05/04(木) 20:32:14.75 ID:kt+HgTRq0
    https://stat.ameba.jp/user_images/20150923/01/ayamecchi/8a/8f/j/o0428034413432796591.jpg

    1980年代に一世を風靡した伝説の漫画をハリウッドで実写化した、映画『聖闘士星矢 The Beginning』が4月28日から公開スタート。
    しかし、早くも大爆死の声が広がっている。

    「興行通信社が発表した国内映画ランキングで同作は初登場8位に。公開から3日間の興行収入は、約5000万円と言われています。
    また、映画館の座席数に対し、どれほどチケットが販売されたかを示す〝着席率〟は、わずか5%ほどのようです」(映画ライター)

    同映画は、原作者の漫画家・車田正美氏の長年の希望が叶い、実写映画化された。

    映画『ONE PIECE FILM RED』、『THE FIRST SLAM DUNK』の大成功によって2022年に最高益を更新した東映が、
    製作費6000万ドル(約82億円)を調達し、ハリウッドで制作したことも話題になったのだが…。

    「俺の小宇宙が燃え上がらなかった」

    「日本でも大ヒットした『THE FIRST SLAM DUNK』は、今や海を超えて、韓国や中国でも爆発的なヒットを記録しています。

    一方の『聖闘士星矢』はGWにもかかわらず、どの映画館でも空席ばかり目立っており、このままでは制作費を回収するのは無理でしょう。

    公開前から物議をかもしていた〝聖衣(クロス)〟のデザインも、案の定、ボロカスに言われています。
    GWは『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』『名探偵コナン』『東京リベンジャーズ』など人気作が目白押しで、
    今後の伸びはほぼ期待できません」(アニメライター)

    では映画のどこがまずかったのだろうか。
    https://myjitsu.jp/archives/422190

    【【悲報】ソニー映画『聖闘士星矢 The Beginning』着席率わずか5%の大爆死www】の続きを読む





    引用元: ・【黒人若手歌姫】Disneyリトルマーメイド実写主演キャスティングが赦せないいい【ヘイト】

    1: 名無しさんの主張 2019/07/06(土) 11:30:23.65 ID:???
    映画作品・人板「アラジン」スレ派生。
    どっちかというと社会問題かなと

    【【歌がいい】【黒人若手歌姫】Disneyリトルマーメイド実写主演キャスティングが赦せないいい【ヘイト】】の続きを読む

    このページのトップヘ