ものすごく興味深いぞ!




      【【体験版公開】ローグライトリズムアクション 「共鸣 ReMix」】の続きを読む



    引用元: ・【悲報】龍が如く8、ガチで大不評

    1: 名無しさん必死だな 2024/01/27(土) 19:34:34.69 ID:yITE1oVBd
    ・ムービーが長すぎる
    ・ぐだぐだのストーリー
    ・1章に4時間かかる
    ・戦闘が単調でテンポが悪い
    ・敵が硬すぎて一戦に時間がかかりすぎる
    ・ジャストガードがシビアすぎてほぼ不可能
    ・ダンジョンが嫌がらせレベルで長くてひどい
    ・最初のドンドコ島で数時間拘束される

    【【悲報】龍が如く8、ガチで大不評】の続きを読む



    引用元: ・ペルソナ3R・・・、正直つまらなくないか?

    1: 名無しさん必死だな 2024/02/02(金) 09:56:49.66 ID:HBFanvgHM0202
    UIの酷さもそうだけど、余りにもテンポが悪すぎない?
    特に何十回、何百回と行う戦闘関連が

    【ペルソナ3R・・・、正直つまらなくないか?】の続きを読む


    引用元: ・【悲報】男(37)「ホテル行こっか」女(30)「うん」→男逮捕

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2024/02/03(土) 22:49:26.379 ID:Q9w6+9a0a
    SNSで知り合った女性に不同意性交、容疑で37歳男逮捕 西宮署
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a02d3e6db2ab654d5c6f270f428e7ef7480192df

    【【悲報】男(37)「ホテル行こっか」女(30)「うん」→男逮捕】の続きを読む



    引用元: ・【朗報】ソニーがついに「PS Vita 2(仮)」開発中か、PS4/PS5後方互換の可能性

    1: 名無しさん必死だな 2024/02/03(土) 16:00:03.17 ID:U742GkUA0
    ソニーは携帯ゲーム機PSPの成功ののち、すべてを兼ね備えた後継機として満を持してPS Vitaを2011年に投入しました。

    PS Vitaは、どのスマホにも搭載されていない時から有機ELディスプレイを搭載し、タッチスクリーンやWi-Fi、セルラー接続など、ハードウェアで見てもその後のモバイル端末を先取りする構成でした。

    「アンチャーテッド」などのPS独占タイトルの展開と合わせ、成功は約束されたように思われましたが、PS Vitaは失敗します。大きな要因として、キラータイトルの不足がよく言われます。

    さて、現在は、任天堂のSwitchが携帯ゲーム機としては覇権を取っており、またASUS ROG AllyやMSI ClawなどのWindows搭載ポータブルゲーミングPCが複数出てきています。

    この状況は、ある意味でソニーがPS Vita後継を出さなかったから生まれたと言っても過言ではないでしょう。

    そんな中、ソニーが再びスタンドアロンの携帯ゲーム機を開発中であるというリークが複数出てきています。

    それも、昨年登場した「PlayStation Portal リモートプレーヤー」のようなPS本体を母艦にするタイプではなく、PSPやPS Vitaのようなスタンドアロンタイプの携帯ゲーム機です。

    Moore’s Law Is Deadなどのリーカーによる情報は、AMDがソニーのPS6とPSハンドヘルド機の開発に関与していることを確認したというもの。ソニーはカスタムのAMD APUを搭載した携帯ゲーム機開発の初期段階にあり、登場は少なくとも2年後になる可能性があるとのこと。

    また、PS5世代でなく、PS6世代の一つのコンソールとして発売され、PS4やPS5ゲームとの後方互換性を持つ可能性が報じられています。

    「PS Vita 2」を開発するのであれば、ソニーはPS Vitaが失敗に至った要因を全て潰しにかかるでしょう。

    「PS Vita 2」向けのゲームタイトルを充実させるか、あるいはPS5ないしPS6のタイトルがそのままプレイできるという形を取るかもしれません。

    いずれにせよ、携帯ゲーム機市場が盛り上がりつつある現在、「PS Vita 2」が登場した場合の影響は計り知れないものがあるでしょう。

    https://daily-gadget.net/2024/02/03/post-68026/

    【【朗報】ソニーがついに「PS Vita 2(仮)」開発中か、PS4/PS5後方互換の可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ